「なかなか聞けない!?」フリーランスSE ・エンジニアの残業のリアルをそっと耳打ちします

ビジネス残業

フリーランスSE ・エンジニアの残業はどれぐらい?

フリーランス SE・エンジニアは高収入だって言うけれど

でも実際のところ

「死ぬほど働く長時間残業になるんじゃないの?」
「どれぐらい残業するの?」

という心配をお持ちかもしれません。

フリーランスSE ・エンジニアの残業はどうやって決まる?

正直に申し上げて、こればかりは参画するプロジェクトの文化によります。

私が面談した某クライアント様は、会社全体が基本的に定時上がりを推奨しており、働いている社員もそのように動くため

「基本的には残業はない」
「突発的に必要が生じた場合に残業対応できると尚可」

という目が眩みそうな好条件でした

もちろん、一定の残業を前提とした職場もあり、定時後に定例の打ち合わせが入っていたりすることもあります。

なので、こればかりは面談で残業の実態を確認してみないと分かりません

 

フリーランスSE ・エンジニアの残業に関する条件

しかしながら、クリエイティブ系のフリーランスと違い、IT業界のフリーランスはエージェント会社としっかり契約書を取り交わします

そして標準的な契約条件においては

「稼働率100%あたりの月間稼働時間は140-180時間を標準とする」

「ただし200時間に超える稼働が継続する場合は、体制の変更や精算について協議を行うものとする」

という形で、残業時間の上限にキャップがはまることが殆どです

1ヶ月=1日8時間*20日=160時間 とすると、残業40時間で上限キャップが掛かることになります

これって、正社員で無限にサービス残業している皆さまからしたら、奇跡のような条件じゃないですか?

逃げられないプロパー社員で、ほとんど無制限にサービス残業してるマネージャー職なんかのほうがよっぽどヤバイ

文字通り「(過労死するまで)死ぬほど長時間残業させられます」

だって、そこしか居場所がないと考えている人は、その状況から逃げられないんだもの。どんなにプロジェクトが炎上したって、長時間残業だって逃げられません。

残業が多い時はすぐにエージェント会社に相談する

「すみません…残業が多いんですけど何とかなりませんか」

こんな事を相談しても、無下に断られるんじゃないかとお思いでしょう

あなたが正社員で、私が上司だったら

「まあ、まあ、この山を切り抜ければ残業時間も減ってくると思うから頑張ろう」

みたいな適当な事を言って誤魔化します。

しかし、エージェント会社の思考回路はそうじゃありません

「残業多いってことは、そのプロジェクト人が足りてないって事だから、増員を提案してくるわ!」

「増員できたら売上増加や!教えてくれてありがとう!」

彼らにとっては、さらなるフリーランスを送り込むことが売上に繋がりますので、残業が多い場合もちゃんと提案・交渉に動いてくれます

それでクライアントがお金あれば、増員されますし、お金がないなら残業を減らす方向で調整が進みます。

クライアント先以外での仕事も広義の意味では残業

ただし、クライアント先での仕事以外にも広義の意味での仕事はあります。

  • 次に参画する案件の情報収集をする
  • スキルアップのための活動をする
  • 請求書の作成、送付
  • 経費の精算、税務

などなど、サラリーマン時代は他部署の人がやっていた仕事も、これからは自分でやらなければいけません

それも含めて「残業」と呼ぶのであればそうかもしれない。

フリーランス(自営業)は仕事とプライベートの境目が曖昧になります

契約条件について

基本的にフリーランスの契約形態は準委任です。作成ドキュメントについて重大な瑕疵があれば、瑕疵担保責任は伴いますが、無限に責任を負うような請負契約はできません。

だから月末に作業報告書と請求書を送付すれば終了です。

支払いサイトはエージェント会社によって異なりますが、30日〜45日ぐらい。条件によって15日に短縮してくれる会社もあります。

以上のような条件ですので

私の個人的な心情を吐露しますと

「フリーランスよりもブラック職場の正社員のほうが残業のリミットがない」

というのが結論です。昨今のコンプライアンス意識の高まりにより、大手企業ほど、外注先に対してそこまで無理を言えなくなってきました。

大っぴらに揉めると、独占禁止法の「優先的地位の濫用」に該当してしまいます

なので、より一層「従順で文句を言わないプロパー社員」へのプレッシャーが高まってるんじゃなかろうか

 

エージェント会社のオススメ活用方法

下記の記事で、私が実際に登録しているエージェント会社を挙げております。

働き盛りのフリーランスSEがオススメする【信頼できるエージェント】ベスト3

ステップは3段階で、本当にカンタンです。

1.Webから登録を行う
2.業務経歴書をアップロードする
3.エージェント会社へ面談しに行く

エージェント会社からすれば、あなた方は貴重な商品ですので、真っ当に仕事をしてきた方であれば、面談で否定されるようなことはありません。

今までの業務履歴を踏まえて、どういった案件であれば適材適所になるか真摯に検討してくれます

実のところ私は、全員が全員フリーランスになるべきとは思いませんし、なれるとも思いませんが、それでもIT業界で仕事をしているSE・エンジニアは全員

「一度はフリーランスを真剣に検討してみるべき」

と強く感じています。

もし、このブログがきっかけとなり、あなたの人生が良い方向に進むような事があれば、筆者としてこの上ない喜びでございます。

・まだまだ質問したい!
・業務経歴書の書き方が分からない!

などなど相談事がある場合でも、お問い合わせフォームかTwitterのDMでご連絡頂ければ、丁寧にアドバイスいたします。

オススメのフリーランス求人サイト

エンジニア・プログラマ向け

ギークスジョブ:老舗のエージェント会社。案件数もサポート力も定評があり。エンジニアはまずはここに登録すべき

 

BTCエージェント:プライム案件に入れるとエンジニアでも単価が高いのでオススメ

 

フューチャリズム:フリーランスとスキルアップの両立をサポート(初めての方向け)

SE向け

BTCエージェント:アクセンチュアとの繋がりが強い。月額150万円以上などの案件も数多くある。

 

フォスターフリーランス:営業部隊が強くて案件数も多い。ITコンサル、PMO、SE作業、開発管理など案件の幅もある。

 

ハイパフォーマーコンサルタント:SEのスキルでも十分対応可能な高単価コンサル案件が多数ある。

登録して案件をみると、自分の市場価値(≒ 年収)が分かります。
かんたん職務履歴書テンプレート

そんなに稼げる!?SEが独立してITフリーランスになったら【いきなり年収が1000万】増えました

「単価も大公開!!」これがフリーランスSE・エンジニアが関わるITプロジェクトの仕事の全体像です