「結局どれぐらい稼げる?」フリーランスSE・エンジニアの手取りをシミュレーションをしてみよう

お金

フリーランスSE・エンジニアの手取りシミュレーションをする

サラリーマンの給料に比べて、高単価な仕事があると言っても
結局、手取り収入がいくらなのか分からないと、比較ができないですよね

ですので、こちらの記事では
個人事業主の具体的なモデルケースを使って、手取り収入をシミュレーションしてみます

手取り収入のシミュレーション方法

フリーランスSE・エンジニアの案件を見ると
月額報酬80万円とか書いてあるますが
実際に、そのままの金額が振り込まれる訳ではありません

所得税の源泉徴収もありますし
振り込まれた金額から、さらに諸々の費用を払っていく必要があります。

具体的には、下記の項目を控除して手取り収入を計算していきます。

  • 所得税:エージェント会社から源泉徴収されます
  • 住民税:市区町村から納付書がきます
  • 国民健康保険:住民税同様に市区町村に支払いします
  • 国民年金:日本年金機構に収めます

モデルケースを使った手取り収入のシミュレーション

<前提条件>

  • 本人が35歳(介護保険料なし)
  • 世帯主収入は本人のみ
  • 住まいは神奈川県川崎市
  • 個人事業主としての経費は給与所得控除の金額で代替

 

手取り収入のシミュレーション結果

項目 ケース1 ケース2 ケース3 ケース4
月額報酬 60万 80万 100万 120万
年収 720万 960万 1200万 1440万
源泉徴収
(所得税10.21%)
6.1万 8.2万 10.2万 12.3万
住民税 3.6万 5.2万 7.2万 9.1万
国民健康保険 4.3万 6.0万 6.4万 6.4万
国民年金 1.6万 1.6万 1.6万 1.6万
手取り収入 44.4万 59.0万 74.6万 90.6万
確定申告時 31.2万還付 16.5万還付 12万追加納付 61.5万追加納付

*個別ケースの正確な計算は税理士にご相談ください。

手取り収入のポイント解説

さて、現在のご自身の手取り収入と比較してみるといかがでしょうか?

概算ではありますが手取り収入として具体的な数字を計算してみると、地に足の着いたフリーランスのリアルが見えてくると思います。

もっともっと税金や社会保険料負担を減らして、手取り収入を増やしていきたいと考えるのであれば、経費をどう上手く取っていくかがポイントです。

クライアント先で準委任で働くフリーランスSE・エンジニアは、人件費以外には経費らしい経費がありませんので、本格的に節税をして手取り収入を増やしていくのであれば税理士さんを含めて検討していく必要があります

手取り収入を増やすために経費にできるもの一覧

  •  インターネットやwifiなどの通信費
  • パソコン・ソフトなどの備品の購入
  • プリンターのトナー・インク代
  • 新聞・書籍・雑誌代
  • 広告宣伝費・名刺作成費
  • 交際接待費
  • 交通費(電車代・ガソリン代・高速代・タクシー代)

ちゃんと公私混同なく「事業で使った」ことを証明できない経費は、税務調査があった場合に否認されますのでお気をつけください。

手取り収入を増やしたいあなたへオススメのエージェント

下記の記事で、私が実際に登録しているエージェント会社を挙げております。

働き盛りのフリーランスSEがオススメする【信頼できる高単価エージェント】ベスト3

ステップは3段階で、本当にカンタンです。

1.Webから登録を行う
2.業務経歴書をアップロードする
3.エージェント会社へ面談しに行く

エージェント会社からすれば、あなた方は貴重な商品ですので、真っ当に仕事をしてきた方であれば、面談で否定されるようなことはありません。

今までの業務履歴を踏まえて、どういった案件であれば適材適所になるか真摯に検討してくれます

実のところ私は、全員が全員フリーランスになるべきとは思いませんし、なれるとも思いませんが、それでもIT業界で仕事をしているSE・エンジニアは全員

「一度はフリーランスを真剣に検討してみるべき」

と強く感じています。

もし、このブログがきっかけとなり、あなたの人生が良い方向に進むような事があれば、筆者としてこの上ない喜びでございます。

・まだまだ質問したい!
・業務経歴書の書き方が分からない!

などなど相談事がある場合でも、お問い合わせフォームかTwitterのDMでご連絡頂ければ、丁寧にアドバイスいたします。

手取り収入を増やすためのフリーランス求人サイトまとめ

エンジニア・プログラマ向けエージェント

ギークスジョブ:老舗のエージェント会社。案件数もサポート力も定評があり。エンジニアはまずはここに登録すべき

 

BTCエージェント:プライム案件に入れるとエンジニアでも単価が高いのでオススメ

 

フューチャリズム:フリーランスとスキルアップの両立をサポート(初めての方向け)

SE向けエージェント

BTCエージェント:アクセンチュアとの繋がりが強い。月額150万円以上などの案件も数多くある

 

フォスターフリーランス:営業部隊が強くて案件数も多い。ITコンサル、PMO、SE作業、開発管理など案件の幅もある

 

ハイパフォーマーコンサルタント:SEのスキルでも十分対応可能な高単価コンサル案件が多数ある

登録して案件をみると、自分の市場価値(≒ 年収)が分かります。
かんたん職務履歴書テンプレート

「年収だけじゃない!?」SE・エンジニアがITフリーランスを目指すべき5つの理由