「ちゃんと将来を考えてる?」IT業界のSE・エンジニアに独立をオススメする5つの理由

起業

どうも、ケビン松永と申します。

新卒で大手SIerに就職し、15年間システムエンジニアとしてサラリーマンをやっておりましたが、40歳の時に思い悩んだ末に独立してフリーランスSEに転身しました。

システムエンジニア(SE)が独立してフリーランスになったら【いきなり年収が1000万】増えました

 

思い切って決断したおかげで、今のところ順調な独立フリーランス人生を歩めております。

世間的には独立・起業に成功したという事になりますでしょうか。会社のメンバーは、私しかおりませんが…。

実際に自分が独立してみて思うんですが、IT業界というのは、独立してフリーランスになるのに向いている業界なんだなと強く感じております。

今回の記事では、(前職の同僚を念頭に置きながら)IT業界のSE・エンジニアに独立をおすすめする5つの理由をご紹介します。

独立をおすすめする理由1:IT業界は競争が激しい

IT業界でお仕事をされているSE・エンジニア皆様は、日々の仕事で痛感されていることかと思いますが、IT業界は本当に競争が激しい業界です。現在のIT業界は

  •  F: Facebook
  •  A: Apple
  •  A: Amazon
  •  N: Netflix
  •  G: Google

といったプラットフォーマーが覇権を握り、世界最高峰の頭脳と豊富な資金を投入して、既存勢力をブルドーザーのように根こそぎ蹴散らすような勢いです。

日経クロステック

IBMやオラクルを一瞬で黙らせるAWSの怖さ

一昔前のIT業界は、IBM、Cisco、ヒューレッドパッカード、インテル、Oracle、SAP、シマンテックなんかが覇権を握ってたの、皆様は覚えてらっしゃいますでしょうか?そういった企業群は、いまだにマーケットから退場こそしてませんけど、IT業界における出遅れ感は否めません。

その一方で、日本企業ではどうでしょう。

NECがリストラ実施へ 10月から45歳以上の希望退職者募集(ITmedia)

日本電気(NEC)は6月29日、10月末から希望退職者を募集すると発表した。NECグループの従業員のうち、間接部門かハードウェア事業領域の特定部門に在籍している45歳以上かつ勤続5年以上の人が対象で、募集人数は定めない。固定費削減による収益構造改革が狙い。

富士通、間接部門5千人を営業・SE等に異動…大企業の間接部門に「大リストラ」の嵐(bizジャーナル)

10月26日、富士通は国内のグループ全体で総務や人事、経理など間接部門の約5000人を、営業やSEなどの職種に異動させる人事を発表した。海外事業の不振などを受けた事業構造転換の一環だが、5000人のうち、どれだけが異動先の職種に適応できるのだろうか。

東芝は7000人削減 間接部門のベテラン社員どうすればいい(niftyニュース)

東芝は8日、「中期経営計画」を発表し、2019年からの5年間で約7000人のリストラを打ち出した。東芝は50歳以上の従業員が多く、毎年1000人の定年退職が出る自然減と1500人の早期退職を募り、若返りを図る。

リコーの危機…8千人削減でも巨額赤字、「複合機メーカー」モデル崩壊、脱却策見えず(bizジャーナル)

複写機大手リコーの2018年3月期の連結決算(国際会計基準)は、本業の儲けを示す営業損益が1156億円の赤字(前期は338億円の黒字)、純損益が1353億円の赤字(同34億円の黒字)で、いずれも過去最大の赤字となった。6年ぶりの赤字転落だ。売上高は前期比1.7%増の2兆633億円だが、為替の影響による増収分を除くと1.3%減だった。

さあ、あなたの勤めている会社は10年後もIT業界の激しい競争に打ち勝っていけるでしょうか。残念ながら国内のSIerなどはすでに、防戦一方の負け戦が始まってしまっています。このままボヤッと仕事を続けていると、時代の荒波が襲ってきた時に、取り返しのつかない事態に巻き込まれる恐れがあります。

しかし、もし企業に勤めているサラリーマンではなく、独立したフリーランスであれば、そういう状況においても柔軟にポジションを変えながら勝ち馬に乗っていくことが可能になります。

 

独立をおすすめする理由1・IT業界は競争が激しい
・独立フリーランスであれば柔軟にポジションが変えられる

 

独立をおすすめする理由2:IT業界は場所によって金まわりがぜんぜん違う

本当に悲しい事実なんですが、年収はスキルや仕事の質ではなく「業界の相場」で決まってしまうんです。

  • 年収≠スキル
  • 年収≠仕事の質
  • 年収≠頑張り

もちろん、スキルや仕事の質も年収に関連する要素ですけど、年収にもっとも直接的に効いてくるのは「金回りの良い場所に居るかどうか」なのです。

お金がないお客さんほど、細かい事にグチグチうるさいんだよね…

私の経験上、公共系とか金融系はシステム開発の規模は大きくて、1つのプロジェクトで扱う金額の規模は大きいのですが、単価という意味では非常に渋いです。

一方で、外資系のクライアントなどは、コンサルフィー(SE費)に対する支払いは、日系企業に比べると寛容に見えます。ちょっとそこは文化的な違いがあるかもしれません。

また、Web系と言われるイケイケドンドンで乗ってる企業も、金回りは良い感じがしますね。その金回りがどこまで続くかは注視しておく必要はあると思いますが…。

さて、あなたの所属する業界の景気はいかがでしょうか? これからも、ぐんぐん成長しているマーケットだったら問題ありません。でも、平衡から縮小に向かっていっているとしたら、独立フリーランスという別の路線に乗り換え、その時々で景気の良い業界に身をおいた方が絶対にラクだと思います。

満員電車
どんどんキツくなってませんか…
 
 
独立をおすすめする理由2独立フリーランスであれば、自分から積極的に金回りの良い業界飛び込んでいける

 

独立をおすすめする理由3:IT業界の多重請負構造が有利に働く

ご存知のようにIT業界は、良くも悪くも多重請負構造になっております。IT土方・デジタル土方なんて言われ方もします。

なぜ、そういった多重請負になってしまうかと言うと、システム開発のプロジェクトは短期間に多数の人手が必要となる労働集約型産業だからです。

 

kevin
PMのケビン松永

1月から要件定義なので上流できる人を5人お願い
3月から基本設計なので10人追加で
5月からコーディングなので20人追加でオナシャス

質問者
パートナー会社

そんなに都合よく、人の手配とかムリっす

よく、人材の手配をしているSES会社が悪者扱いされてますが、私はそうは思いません。短期間に多くの人手を必要とするITの開発プロジェクトと、日本の雇用の流動性の悪さがミスマッチを起こした結果、多重請負構造になってしまっているんだと思います。

ただ、この多重請負構造も独立フリーランスには逆に有利に働きます。ITプロジェクトには、スキルを持った人材を有期でプロジェクトに参画して欲しいという需要が恒常的にあります。

その結果、IT業界では独立フリーランスにも門戸が大きく開かれており、かなり昔から独立してフリーランスで仕事をすると言うことが盛んに行われています。ちょっと周囲を見渡せば、独立向けの仕事はいくらでもあります。

「具体的な案件で説明!」単価・職種別フリーランスSE・エンジニアの仕事図鑑

 

わりと歴史のあるSES会社もエージェント会社も、創業者の経歴を見るとだいたい同じような経歴です。

大手SIerなどを退職して独立フリーランスになったものの、徐々に自分が取りまとめるチームが大きくなってきて、最終的に自分が人材を派遣する側に回っていくような事例は枚挙にいとまがありません。

 

独立をおすすめする理由3IT業界の多重請負構造は独立フリーランスには有利に働く
 

独立をおすすめする理由4:IT業界は技術トレンドについていかないと簡単に死ねる

IT業界は本当に技術のトレンド変化が早いです。何か1つの技術を極めれば、それで一生食っていけるということはありません。すぐに技術が陳腐化してしまう。

会社の基準に則ってExcel方眼紙で仕様書を作っていて、漫然とJavaでシステム開発してるだけだとしたら、本当に危ういと思いますよ。

自分自身も死ぬ気で新しい技術をフォローしていく必要がありますし、そういった新しい技術を使ったプロジェクトに自分から参画していかないと、マジメに50代ぐらいになった時にお払い箱になるかもしれません。

でもサラリーマンやっている以上、自分から技術もプロジェクトも選べないじゃないですか。

その点、独立フリーランスであれば、戦略的にスキルや技術を身につけながら、自分からプロジェクトを選んでいくことが可能です。

独立フリーランスの私は、今の仕事が一段落したら、次はSAP案件のビッグウェーブに乗っていきたいと考えております。

 

独立をおすすめする理由4独立フリーランスは技術とプロジェクトを自分で選んでいける

独立をおすすめする理由5:IT人材の需要はまだまだ伸びる

IT業界自体は拡大の一途を辿っており、人手不足も甚だしい状況です。

独立フリーランス人材を斡旋するエージェント会社も、ITの開発プロジェクトに関する仕事はいくらでもあって、営業や紹介人材の不足で、仕事が取り切れていない状況が続いています。

IT業界を常にリードするアメリカでも、2020年には140万人の求人に対して、100万人ものIT人材不足が予想されています。

IT業界に身をおいてる人間だったら、開発プロジェクト自体はなくならないって思うよね

なのでやっぱり大事なのは、独立フリーランスになって勝ち馬に乗っていくことなのです。

 

独立をおすすめする理由5IT業界の人材需要は根強く、不足感が解消される見通もない

現在私が参画しているプロジェクトの契約条件

  • 月額報酬170万円+消費税(13.6万円)
  • 電車での通勤時間は13分
  • 稼働時間は140〜200時間の範囲

私は現在、某有名インターネット関連企業のグループ会社で、社員代替の情報システム部員みたいなことをやっております。その案件は、ハイパフォーマーコンサルタント(INTLOOP)に紹介してもらったものです。

ただ、クライアント先にはBTCエージェントから参画されている方も多い印象です。BTCエージェントはアクセンチュアとの関係が深く、わりと高単価な案件が多いです。

こちらは開発エンジニア向けのBTCエージェントです。クライアント先にはエンジニアも多数入っていますね。BTCさんのエンジニア、30人ぐらいはいるかもしれない。

BTCエージェントは案件の持ち込み、いわゆる口座貸しにも対応してくれます。

たとえば私が、自分の人脈で仕事を取ってこれたとするじゃないですか。でも大企業と個人の会社が、直接の契約を締結することは普通はできません。企業が初めての相手と取引をするには、相手方の信用調査・口座開設などの手続きが必要になります。

kevin
ケビン松永

個人の会社相手に発注とかできたら、悪いことやりたい放題だからね。

なので、もし自分の人脈で仕事を持ってこれたとしたら、独立フリーランスの私はBTCエージェントに仲介として間に入ってもらいます。これが口座貸しです。

BTCさんの取り分は10%です。別に暴利ではないですよ。クライアントとの交渉ごとには矢面に立ってもらいますので。

BTCエージェントへの登録は30秒でできます

BTCエージェント

登録内容

もちろん登録は無料です。ぜひご自身の目で具体的な案件を確かめてみて下さい。

BTCエージェントの案件を見る

 

IT業界のSE・エンジニアに独立をオススメする理由まとめ理由1:IT業界は競争が激しい
理由2:場所によって金まわりがぜんぜん違う
理由3:独立フリーランスにはIT業界の多重請負構造が有利に働く
理由4:独立フリーランスは技術と仕事を選んでいける
理由5:IT人材の需要はまだまだ伸びる

 

フリーランスエンジニア(SE)に興味を持った方へ

この記事を読んで、フリーランスエンジニア(SE)に興味を持った方は、ぜひ下記の記事をご覧ください。

優良エージェントの探し方や具体的な案件の情報など、お役に立てる情報がだくさん詰まっております。

Jobs

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。- スティーブ・ジョブズ – 

 

関連記事

「お金の裏事情も大公開!」これがITプロジェクト業務委託の全容です【フリーランスSE・エンジニア必読】