「素朴な疑問」フリーランスSE・エンジニアに手当は付くのですか?

手当

フリーランスSE・エンジニアの手当の事情

最初に結論から申し上げます。

クライアント先のオンサイトで準委任で働く、フリーランスSE・エンジニアには、あんまり手当は付きません。ほとんどは、月額報酬の中に含まれているとお考え下さい

…とそれではここで記事が終わってしまいますので
それぞれの各手当の事情について詳しく述べて行きましょう。

フリーランスSE・エンジニアの残業手当

フリーランスの残業事情については、こちらの記事で解説しました。

「なかなか聞けない!?」フリーランスSE ・エンジニアの残業のリアルをそっと耳打ちします

 

記事にも書いてありますが

ITフリーランスの標準的な契約条件においては

「稼働率100%あたりの月間稼働時間は140-180時間を標準とする」
「ただし200時間に超える稼働が継続する場合は、体制の変更や精算について協議を行うものとする」

という形で、残業時間の上限にキャップがはまることが殆どです。
1ヶ月=1日8時間*20日=160時間 とすると、残業40時間で上限キャップが掛かることになります

この40時間を超えてくる場合については、時給換算で計算して追加清算を行う案件もあります

  • 固定価格として上限40時間内に収めるサイトと
  • 追加清算をして残業手当相当の費用を払うサイト

両方のパターンがありますので、募集要件や面談時に確認することが重要です

フリーランスSE・エンジニアの通勤手当・旅費

自宅からクライアント先までの電車賃、いわゆる通勤手当については基本的に支給されません

ただし、クライアントの都合で、別のサイトに出張したり宿泊するようなことがあれば
それは実費清算となります

さすがに、そこまで酷くはありません。

フリーランスSE・エンジニアの昼食手当

こちらも基本的には支給されません。

しかしながら・・!!

私が現在勤めているクライアントは、社食がタダなんです!!
朝、昼、晩と3食いただいても無料です。(しかも美味しい)

なので実質的に、5万円ぐらいの手当を支給されているのと変わりません

家族手当・住宅手当などその他の手当

まあ、普通に考えてないわな。

その代わり、仕事で使うPC、ソフトウェアなどはすべて貸与されますので
人件費、交通費、以外には経費らしい経費もありません

手当がなくても稼げるフリーランス求人サイトまとめ

エンジニア・プログラマ向け

ギークスジョブ:老舗のエージェント会社。案件数もサポート力も定評があり。エンジニアはまずはここに登録すべき

 

BTCエージェント:プライム案件に入れるとエンジニアでも単価が高いのでオススメ

 

フューチャリズム:フリーランスとスキルアップの両立をサポート(初めての方向け)

SE向け

BTCエージェント:アクセンチュアとの繋がりが強い。月額150万円以上などの案件も数多くある

 

フォスターフリーランス:営業部隊が強くて案件数も多い。ITコンサル、PMO、SE作業、開発管理など案件の幅もある

 

ハイパフォーマーコンサルタント:SEのスキルでも十分対応可能な高単価コンサル案件が多数ある

登録して案件をみると、自分の市場価値(≒ 年収)が分かります。
かんたん職務履歴書テンプレート

「単価も大公開!!」これがフリーランスSE・エンジニアが関わるITプロジェクトの仕事の全体像です