「間違いない!」40代現役フリーランスエンジニアがおすすめする最強エージェント【決定版】

エージェント

どうも、ケビン松永と申します。

新卒で大手SIerに就職し、15年間システムエンジニアとしてサラリーマンをやっておりましたが、40歳の時に思い悩んだ末に独立してフリーランスエンジニア(SE)に転身しました。

システムエンジニア(SE)が独立してフリーランスになったら【いきなり年収が1000万】増えました

フリーランスエンジニア(SE)のエージェント探しに関する悩み

フリーランスエンジニア(SE)というキャリアパスに可能性を感じ、よし!もう少し具体的な情報を知りたいと思ってエージェントを探し出すと、いきなりこんな悩みにぶつかるのではないかと思います。

悩んでいる人
エージェント探しに疲れた人

・エージェントに登録したいけど、たくさんあり過ぎて選べないよ

・どういう評価基準で選べば良いんだろうか

・悪徳エージェントには引っ掛かりたくないな…

 

kevin
ケビン松永

お気持ち分かりますよ! 私もそうでしたから

独立しているフリーランスエンジニア(SE)にとって、案件を紹介してくれるエージェントというのは命綱も同然です。ですから、信頼できるエージェントと良い関係を作ることはフリーランスにとって生命線となってきます。

こちらの記事の前半では、私の体験談も交えながらどうやってエージェントを探していけば良いかについて、丁寧に解説して参ります。

また、記事の後半では、フリーランスのSE・エンジニアを目指す方におススメの最強エージェントをご紹介して参ります。

かなり長文の記事となりますので、先に結論を早く知りたい方はこちらのリンク先をご覧下さい。

エンジニア・プログラマにおすすめする最強エージェント3選

ギークスジョブ :フリーランス業界の老舗エージェント【登録必須】

レバテック   :Web系が得意なフリーランス専門エージェント【業界最大手】

BTCエージェント:アクセンチュアとの繋がりが深いエージェント【高単価】

SE・ITコンサルにおすすめする最強エージェント3選

ハイパフォーマー:SE・ITコンサル向けの案件数が豊富【高単価】

フォスター:PMO、開発、インフラなど案件に幅がある【営業強い】

BTC  :Accentureとの繋がりで高単価コンサル案件に強み【月150万以上】

 

フリーランスはどんなエージェントを選ぶべきか

突然ですが、質問させて下さい。

あなたは自分で仕事を取って来れますか?

もし、自分で仕事を取って来なければいけないとしたら、どういう活動をしたら良いでしょうか。

  • 靴底をすり減らし、汗水垂らして飛込み営業をするのか
  • 知り合いに電話を掛けまくって、仕事を紹介してもらうのか

ちょっと考えただけで胃が痛い…

まあ、それでも、心と体をすり減らして頑張って行けば、なんとか自力で案件は獲得できるかもしれません。

しかし、そうやって苦労して見つけたフリーランス案件も、零細企業とか個人のパソコン修理みたいなもので、とてもじゃないけど食べていけるほどの収入にはならないでしょう。

以前の記事でもお話しておりますが、収入にもっとも直接的に効いてくるのは、金回りの良い場所に居るかどうかです。そしてIT業界で金回りの良い場所というのは、利益を出している業績の良い大企業の案件なのです。

「裏事情も大暴露!」これがITプロジェクト業務委託の全容です【フリーランスエンジニア(SE)必読】

 

ですので、私たちフリーランスSE・エンジニアは、そういった大企業の情報システム部に広範にチャネルを持ち、常に担当者とコンタクトを取りながら、浅い商流で案件情報を獲得してこれる優良なエージェントに登録しておくべきなのです。

私自身、現在は独立してフリーランスエンジニア(SE)に転身しましたが

  • 自分で営業開拓をしてフリーランスの仕事を見つけてこないといけない
  • 前職のツテで発注してもらう必要がある

というようなフリーランス生活だったら、とてもじゃないですがサラリーマンを退職して独立するなんてムリだったと思います。

優良な案件を紹介してくれるエージェントが多数あり、そういったエージェントとの面談を通じて確信を持てたからこそ、独立してフリーランスエンジニア(SE)への転身に踏み切る事が出来たと感じます。

エージェントを評価していくポイント

フリーランスエンジニア(SE)がエージェントを探す時には、下記の3つの観点からそれぞれ評価を行うことをお勧めします。

【ポイント1】エージェントが得意とするフリーランス案件の特徴・ジャンル

フリーランスのエージェントは、それぞれ得意としているジャンルがあります。 例を挙げますと

  • Web系やゲーム業界のエンジニアをアサインすることに長けているエージェント
  • 製造業など事業会社の基幹システムにSEを送り込むエージェント
  • アクセンチュアやアビームなど、特定のコンサル会社との結びつきが強いエージェント

などエージェントによって得意としている案件が異なります。

ですから、エージェントの得意とするフリーランス案件が自分の要望とマッチしているかを考慮に入れながらエージェントを評価していく事が重要です。

【ポイント2】エージェントの提示するフリーランス案件の数と広がり

フリーランスエンジニア(SE)にとっては、エージェントの提示できるフリーランス案件の数と広がりは最も重要なポイントになってくるでしょう。

案件数はエージェントの営業力と直結していると言っても過言ではありません。

先ほど申し上げたように、Web系・製造業・金融・公共などといった、クライアントの幅・広がりという意味合いもありますし

  • 要件定義などの上流工程を支援するITコンサル
  • 基本設計〜総合テスト対応を行うエンジニアとしての要員
  • プラットフォームのリプレースなどインフラSE
  • プロジェクトマネジメントを行うPM、PMO

というような職種としての広がり、案件の幅という意味合いもあり、優良なエージェントは、年間を通じて幅広いクライアント・職種で人材の募集を行っております。

また、一定程度の実績を積んだ業務履歴書などがあれば、付き合いのあるクライアントに対してエージェントからプッシュ型の営業をかけてもらうこともできます。

エージェント
エージェント

こんな素晴らしいスキルと実績ある人材が、なんと4月から稼働できるんですけど、どこかポジションないですかね?

【ポイント3】エージェントのサポート力

エージェントにとっては、クライアントに送り込むフリーランスエンジニア(SE)というのは大事な商品です。何はともあれ、クライアントが要望するスキルを持ったフリーランスエンジニアをマッチングする事が、エージェントの第一義の仕事ではありますが、だからと言ってそれでエージェントの仕事が終わるわけではありません。

優良なエージェントは、稼働中のフリーランスエンジニア(SE)に対しても

  • クライアントとの人間関係などに問題はないか
  • 稼働時間は適切にコントロールされているか
  • プロジェクトに増員は必要ないか

など、定期的にエンジニア・クライアント双方とコミュニケーションを図りながら、サポートを行ってくれます。まあ、同じクライアントで良好な関係を保ちながら長く稼働してくれるのがエージェントの利益にも繋がるので、当たり前と言えば当たり前の活動なのですが、実際には言うは易し行うは難しです。

担当者任せのエージェントですと、どうしても目の前の仕事に追われてしまってサポートが疎かになるため、組織的にバックアップ体制が取れているかどうかが勝負の分かれ目となります。

エージェントを評価するポイントまとめ

【ポイント1】 エージェントが得意とするフリーランス案件の特徴・ジャンル

【ポイント2】 エージェントの提示するフリーランス案件の数と広がり

【ポイント3】 エージェントのサポート力

エージェントへの登録方法

エージェントの登録自体はものすごく簡単です。

名前、生年月日、メールアドレスぐらいを入力して送信ボタンを押せば、30秒ぐらいで登録が完了してしまいます。

例としてフォスターフリーランスの登録をご紹介してみましょう。

フォスター

 

フォスター入力

 

kevin
ケビン松永

本当にカンタンでしょ?

どのエージェントも、登録するのにハードルの高さを感じさせないよう 、できるだけ簡単に登録できるよう工夫を凝らしております 笑

登録後のエージェントからの連絡

登録すると、すぐにエージェントから連絡がきます。メールで返信してくるエージェントも居ますし、鼻息荒く電話してくるエージェントもおります。

逆に、すぐに連絡してこないエージェントは「クソだな」って思ってもらって結構です。

基本的に、どこのエージェントでも、登録後の依頼事項は下記の2点となります。

  • まず業務履歴書を送って下さい
  • ぜひ面談をさせて下さい

登録後にどういう話の展開になるか、事前に分かっておいたほうが安心ですよね。

職務経歴書の書き方

職務経歴書は、フリーランスになるにせよ、転職するにせよ、キャリアを考えて行くには絶対に必要となりますので、エージェントへの登録を契機に作成しておくことをおすすめします。自分のキャリアを振り返る良い機会にもなります。

…ところが職務経歴書って、探してもこれぞ!という良いフォーマット無いんですよね。。

ですので私は、いくつかのフォーマットの良いとこどりをしながら、独自に職務経歴書のフォーマットを作成しました。 良かったらダウンロードしてご使用ください。

かんたん職務経歴書テンプレート

1点、職務経歴書を書く上での注意点を申し上げますね。

実績は盛っちゃって下さい。 ここはアピールする場ですから、謙遜したらいけません。見る側だってアピールして欲しいのです。

エージェントへの登録から稼働開始までの流れ

基本的な流れ

(1) エージェントWeb登録:2分程度で完了

(2) 職務経歴書の作成:賢くテンプレートを使って作成する

(3) エージェントに業務履歴書送付:メール、またはWebアップロード

(4) エージェント初回面談:スキルマッチする案件があるかの確認や、将来的な相談などでもOK

(5) 希望に合う案件をエージェントから紹介される

(6) 立候補すればエージェントと一緒にクライアント先で面談

(7) クライアントからオファーが出ればマッチング

kevin
ケビン松永

エージェント登録と面談をするだけで、新しい世界が開けると思いますよ!

エンジニア・プログラマにおすすめする最強エージェント3選

ギークスジョブ

ギークス

ギークスジョブは、渋谷にあるギークス株式会社の運営するエージェントです。こちらはフリーランス業界でも15年の実績がある老舗のエージェントになります。

ギークスジョブの特徴

フリーランス業界の老舗だけあって、フリーランスエンジニアの求めているものを知り尽くしているエージェントだと言えましょう。 案件数、案件の幅、サポート力を含めた総合力で他のエージェントを圧倒しています。

ギークスジョブの案件数

Web系、基幹系を含めて、業界最大級の6000件の案件数を抱えるエージェントです

また、関東近辺だけでなく、関西・中部・九州などの地方においても案件を提供しており 組織的に広がりのある営業活動を行っているエージェントであると言えます。

ギークスジョブのサポート力

ギークスジョブのサポート力は群を抜いています。

ギークスジョブのページを訪れたら、まずトップ右上の「フリーランスを検討中の方へ」というリンクを辿ってみましょう。

ギークスジョブ

 

初めてフリーランスを検討している方に向けたコンテンツが非常に充実しております。

さらに

  • 市場価値診断
  • キャリアアップ事例集
  • はじめてのフリーランスセミナー
  • ITエンジニアのフリーランス独立相談会

などなど無料で活用できるコンテンツも盛りだくさんです。

さらにさらに、ギークスジョブ登録者は「フリノベ」という福利厚生サービスを利用することができます。

普通、フリーランスエンジニアは自営ですので、福利厚生なんてものはないのですが、ギークスジョブは福利厚生のサービスまで用意しているという…。

ギークスジョブは、フリーランスを検討している人だったら、まず最初に登録すべきエージェントと言えるでしょう。

ギークスジョブまとめ

・フリーランス業界の老舗で総合力No.1

・業界最大級の6000件の案件数

・初心者向けコンテンツ、福利厚生プログラムも充実

ギークスジョブの案件を見る

 

レバテックフリーランス

 

レバテック

 

レバテックフリーランスは、渋谷ヒカリエに本社を構えるレバテック株式会社が提供するサービスです。

業界最大級の登録エンジニア・案件を擁するフリーランス専門エージェントになります。

レバテックフリーランスの特徴

レバテックフリーランスは、ITベンチャー・Web系の案件を得意としている大規模なエージェントです。

エンジニア登録者数も累計78,000人、年間提案数も80,000件越えるなど、前述のギークスジョブを超える規模のエージェントとなります。

 

レバテックフリーランスの案件数

登録エンジニア数が、他のエージェントと比較して群を抜いて大きいので、クライアント企業への訴求力も抜群です。レバテックフリーランスのサイトを検索すると、高単価でバリエーションに富んだ案件を随時検索することができます。

 

kevin
ケビン松永

パッと開いただけで1395件ヒットしましたね…。

レバテックフリーランスのサポート力

レバテックフリーランスも、フリーランス初めての方向けの支援コンテンツが充実しております。 まずは、トップ画面右上の「お役立ちコンテンツ」を読んでいくことをおすすめします。

お役立ちコンテンツ

 

またレバテックフリーランスは、「ヒカラボ」というエンジニア・クリエイターの人向けの無料で参加できる勉強会を開催しております。

 

ヒカラボ 参加人数

 

kevin
ケビン松永

勉強会の登壇企業と参加人数がけっこう凄い…。

レバテックフリーランスも、前述のギークスジョブと肩を並べるフリーランス業界の大御所ですので、フリーランスを志す人だったら登録必須のエージェントです。

レバテックフリーランスまとめ

・最大手フリーランス専門エージェント

・ITベンチャー・Web系を中心に豊富な案件数

・初心者向けコンテンツも充実。特筆すべきは無料の勉強会「ヒカラボ」の充実度

レバテックフリーランスの案件を見る

 

BTCエージェント

BTCエージェント

BTCエージェントは、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(BTC社)が運営しているフリーランスエンジニア向けエージェントです。神谷町にある一風変わったオフィスビルに入っております。

 

BTCエージェントの特徴

BTCエージェントの特徴の一つは創業者の杉山社長がアクセンチュア出身という経緯から、アクセンチュアとの繋がりが強いということが挙げられます。

また、もう一つの特徴として、BTC社自身がプライムで受託開発をやっているという事が挙げられます。そういったプライム案件に入れると、エンジニアでも高い単価で案件を受託することができます。

 

BTCエージェントの案件数

前述の、ギークスジョブレバテックフリーランスと比較してしまうと、さすがに案件数は見劣りします。大手の対抗馬として、高単価の案件を狙って定期的にウォッチしておきたいエージェントです。

BTCエージェントのサポート力

ホームページ上の事例・実績・実践講座コンテンツなどは、頑張ってはいるものの、大手の2社と比較してしまうと正直に申し上げてちょっと地味です。

しかし、私自身の体験からすると、登録後の面談および案件の紹介ステージに入ってしまうと、営業さんの対応については大手エージェントに引けを取らない丁寧な対応をして頂きました。

BTCエージェントは、少し色気を出して、プライム受託開発などの高単価案件を狙って登録しておきたいエージェントとなります。

BTCエージェントまとめ

・アクセンチュアとのつながりが強い

・BTC社は受託開発も行っている

・高単価案件狙いでの登録がおすすめ

BTCエージェントの案件を見る

 

SE・ITコンサルにおすすめする最強エージェント3選

ハイパフォーマーコンサルタント

INTLOOP

ハイパフォーマーコンサルタントはINTLOOP社が運営しているサービスです。INTLOOP社はもともと、戦略やITのコンサルティング事業を営んでおり、その延長線上でフリーランス向けの人材派遣業などを行っております。

ハイパフォーマーコンサルタントの特徴

INTLOOP社は、主要メンバーのページを見ていただくと分かるのですが、創業社長をはじめとしてアクセンチュア・IBM・PwC出身の方が多いため、ユーザー企業やコンサルファームとのパイプが太いです。そのため、プロジェクト管理支援や要件定義支援など、SEやITコンサルとしての案件を豊富に取り揃えております。

エンドユーザー向けにはITコンサルとしての提案となるため、エンジニア枠と比較すると案件の単価もかなり高めに設定されています。

ハイパフォーマーコンサルタントの案件数

エンジニア枠と比べると、SE・ITコンサル枠の案件は数が絞られますが、その中ではハイパフォーマーの案件数は比較的多めだと言えるでしょう。

直近で検索しても276件がヒットしました。

ハイパフォーマー

kevin
ケビン松永

クライアントによっては案件情報をネット非公開とするので実際の案件はもっとあります

ハイパフォーマーコンサルタントのサポート力

実は現在私は、INTLOOP社に紹介してもらったプロジェクトで仕事をしております。

今回の案件を決めるにあたり、情報収集も兼ねてかなり慎重に案件を探しました。本当にたくさんの案件を紹介してもらって、エージェント・クライアントとの面談は両手では収まらないぐらいの回数をこなしたかもしれません。

エージェントのMさんと営業部門の役員H氏には、私のリクエストに粘り強く最後まで付き合ってもらい、最高の案件に辿り着くことができました。もう感謝しかない。この場を借りて御礼申し上げます。

INTLOOP社は、自身もコンサルティング事業を行ってますので、クライアントから直に人材のリクエストを受けるプライム案件も多く、高単価の案件をご紹介頂けます。また、INTLOOP社も自身でコンサル案件などを受託しているため、プライムで受注した案件に人員を増員したい時なども、高単価の案件がご紹介頂けます。

金回りの良いクライアントなどは、月額220万円〜240万円ぐらいでINTLOOP社に発注するため、そう行った案件に参画させてもらえる場合は月額180万円〜200万円ぐらいで受注させてもらうことも十分可能です。

ハイパフォーマーまとめ

・ITコンサル事業を行うINTLOOP社のサービス

・SE・ITコンサル案件を豊富に取り揃えている

・特にプライム受託案件は高単価でおすすめ

ハイパフォーマーの案件を見る

フォスターフリーランス

foster

フォスターフリーランスは情報サービス事業を行う東証一部上場の豆蔵ホールディングスの子会社であるフォスターネットが運営しているエージェントです。

西新宿のヒルトンホテルの真正面にあるビルに、他の豆蔵グループ子会社群とともにオフィスを構えております。私も登録して面談に行きました。

フォスターフリーランスの特徴

他のフリーランス向けエージェントと比較すると、営業部隊の体制が強いのが特徴のエージェントです。PM・PMOに加えて、開発管理・インフラ管理に関する案件など、SE作業と行った趣の案件に厚みがあります。

kevin
ケビン松永

プロジェクト管理という名のPMOで、会議の運営、課題管理、品質管理、納品物管理みたいな仕事で、月額130万とか、え?マジか!?って感じするよね。

フォスターフリーランスの案件数

フォスターフリーランスの案件数について 「ITコンサル」「PM・PMO」「要件定義支援」 に絞って言えば、前述のハイパフォーマーと同程度だと言えます。

ただし、フォスターフリーランスはエンジニア向けの案件も扱ってますので、案件全体を見れば1000件以上の案件を取り揃える大規模エージェントです。

フォスターフリーランスのサポート力

クライアントから案件を獲得してくるのは営業さんなのですが、それとは別に専任のジョブコーディネーターがついて、しっかりサポートしてくれる体制が取られています。

サポート体制

フォスターフリーランスは、SE・ITコンサル枠とエンジニア枠の両面から案件を探して行きたい方におすすめのエージェント言えます。

フォスターフリーランスまとめ

・一部上場の豆蔵ホールディングスグループ

・営業部隊の体制が強く、案件の数・広がりがともに豊富

・専任のジョブコーディネーターがサポート

フォスターフリーランスの案件を見る

BTCエージェント

BTC

BTCエージェントは、は、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(BTC社)が運営しているITコンサル向けのエージェントです。神谷町にある一風変わったオフィスビルに入っております。

BTCエージェントの特徴

BTCエージェントはは、創業者の杉山社長がアクセンチュア出身という経緯から、アクセンチュアとの繋がりが強いということが挙げられます。そのため、アクセンチュアが受注したプロジェクトに社員補完で参加する案件が数多くあります

また、BTC社は自身でもプロジェクトを受託してシステム開発も行っておりまして、そういったプライム開発案件のPMOや要件定義などの仕事などは、月額報酬が150万円以上などの高単価な案件となっています。

現在、私が参画している仕事は某有名インターネット関連グループの子会社なのですが、そこにもBTCエージェントから参画しているフリーランスSE・エンジニアは多数いらっしゃいます。

さらに、BTCエージェントは案件の持ち込み、いわゆる口座貸しにも対応してくれます。

もし私が、前職の知り合いなどから仕事を持ってこれたとしても、相手は大企業ですので直接契約を締結することができません。取引口座がないのです。ですので、そういったケースでは私はBTCエージェントに仲介として間に入ってもらいます。これが口座貸しです。

その場合、BTCエージェントの取り分は10%です。別に暴利ではないと思います。もちろん、クライアントとの交渉ごとには矢面に立ってもらいますからね。

BTCエージェントまとめ

・アクセンチュアとのつながりが強い

・高単価案件狙いでの登録がおすすめ

・口座貸しにも対応してくれる

BTCエージェントの案件を見る

結局どこのエージェントに登録すればいいの?

エージェント会社はたくさんありますし、それぞれのエージェントに特色や優劣はありますが、それで良い案件に出会えるかどうかは別問題です。

正直、フリーランスの案件はナマモノで一期一会なんですね。案件自体が柔らかいものもあったり、タイミングが微妙に合わなかったりして、どこでどう決まるかは誰にも分かりません。

ですので、エージェントも1社に絞らずに3〜5件ぐらいの案件を並行営業して進めながら、マッチできそうなところでバシッと最終決定するという進め方が当たり前となっています。

そのため、本気でフリーランスを検討していくのであれば、少し面倒でもエージェントには複数社に登録することをオススメします。私もそうしてます。

フリーランスにとってはエージェントが生命線だから、命綱は何本も掛けておきたい…。

質問者

いまサラリーマンとして勤めていても、仕事や条件をエージェントに聞きにいけますか?

もちろんです。サラリーマンを退職してから、エージェントに登録する人なんて居ません。エージェントからすれば、あなた方は貴重な商品ですので、真っ当に仕事をしてきた方であれば、面談で否定されるようなことはありません。

今までの職務履歴を踏まえて、どういった案件であれば適材適所になるか、エージェントは真摯に検討してくれますのでご安心下さい。

エージェントの方とも会話していると、IT業界の人材不足は深刻で、フリーランスの人材も全然足りていないとお聞きします。エージェント会社も、仕事の引き合いはいくらでもあるのに、商品(人材)が全然足りてないんですって。

 

羽生善治

積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にすることです。 - 羽生 善治 – 

おすすめエージェントまとめ

エンジニア・プログラマ向け

ギークスジョブ :フリーランス業界の老舗エージェント【登録必須】

レバテック   :Web系が得意なフリーランス専門エージェント【業界最大手】

BTCエージェント:アクセンチュアとの繋がりが深いエージェント【高単価】

SE・ITコンサル向け

ハイパフォーマー:SE・ITコンサル向けの案件数が豊富【高単価】

フォスター:PMO、開発、インフラなど案件に幅がある【営業強い】

BTC  :Accentureとの繋がりで高単価コンサル案件に強み【月150万以上】

関連記事

「どこで見つかる!?」フリーランスエンジニア(SE)の仕事を募集している求人サイト3選