家族で一緒に過ごせる時間は長いようで短い

砂時計

私には3人の子供が居ます。

自分は仕事も好きですが、それでも仕事は人生の一部です。仕事と家族のどちらかを選べと言われたら、間違いなく家族を選びます

上の子供はあと数年もしたら中学生になります。日数にしたら900日ぐらいでしょうかもうあっという間です

中学生になってしまうと、部活やら友達の予定やらが入ってしまって、なかなか家族として行動するのが難しくなるでしょう。

ですので、「5人家族でまとまって行動できるのは今しかない」と切に感じていて、積極的に家族写真を撮ったり、家族旅行に行ったりしております

女子高生になったりしたら、もう口なんて利いてくれないかもしれないしね。

自分自身が高校生の時に、親父と絡んだ記憶が一切ないです。

翻って、自分の両親について考えると、まだ2人とも健在ですが、いよいよ後期高齢者に入ってきました

平均寿命を考えたら、あと10年以内には何かあるかもしれません

年に3回実家に帰って孫の顔を見せていたとしても、残り30回を切ってると想像すると、なんとも寂しい気持ちになります

年老いてくるとね、膝が痛いだの、知人の葬式だの、暗い話ばっかりで段々と滅入ってきます。

だから出来るだけ孫の顔は見せてやりたい

—————

まあ、そんな事をしみじみと思いながら、プライベートの目標やToDoを入れていってます

– 正月休みに実家に帰る
– 家族写真を撮る
– 家族旅行に行く

全部、急ぎの用事ではないです。緊急性は薄い

でも、後から振り返ってみたら重要な事だったと感じるでしょう。

緊急ではないけど、重要な事の優先順位を上げていきたい

自分がプライベートでも、目標やToDoを書き留めて、少しづつ消しこんでいるのは、そういう理由です

「バタバタしていたから出来なかった」
「つい忘れていて出来なかった」

そんな理由で、自分にとっての大事な事を疎かにして、後になって悔やまないように…

家族写真

  kevin
ケビン松永

この記事の感想をブログで書いた方は、私へのメンション付きで記事をツイートしてください。Twitterで拡散させて頂きます。